JA全農ミートフーズ株式会社

相場

2024年6月
牛肉

  1. ホーム
  2. 相場
  3. 情勢
  4. 牛肉

供給

1.国産

  • 4月の成牛と畜頭数は、96.5千頭(前年比103.6%)と前年を上回った。
    内訳を見ると、和牛:46.6千頭(前年比107.6%)、交雑牛:22.3千頭(同94.4%)、乳牛去勢:11.3千頭(同100.4%)となった。
  • 5月の成牛と畜頭数は、速報値(5月31日まで集計)で87.0千頭(前年比102.8%)と前年を上回る見込みとなった。
  • (独)農畜産業振興機構の需給予測(5月29日公表)によると、5月の出荷頭数は、乳用種で減少するものの、和牛、交雑種で増加が見込まれることから、前年を上回ると予測する。
    6月は、全品種で減少が見込まれることから、前年同月を下回ると予測する。
    (5月 87.2千頭(前年比102.3%)、6月 83.6千頭(同94.0%))
    そのため、3か月平均(4月~6月)では、出荷頭数89.2千頭(前年比99.8%)、生産量28.7千㌧(同100.1%)と前年並みの予測となっている。

2.輸入

  • 4月の輸入通関実績は、全体で63.2千㌧と前年を下回った(前年比93.1%、前月比164.8%)。
    内訳ではチルド:18.2千トン(前年比86.2%、前月比100.1%)、フローズン:45.0千㌧(前年比96.2%、前月比223.1%)となった。
    輸入相手国別では、チルドはニュージーランドが増加したが、他の主要国は減少した。フローズンは豪州、ニュージーランドが増加し、米国、カナダ、メキシコは減少した。
    (参考:形態別相手国別輸入数量)
    チルド   :豪州8.8千㌧(前年比98.8%)、米国7.9千㌧(同74.6%)、ニュージーランド0.7千㌧(同267.0%)、カナダ0.5千㌧(同74.2%)、メキシコ0.1千㌧(同45.7%)
    フローズン :豪州21.2千㌧(前年比116.9%)、米国14.4千㌧(同85.3%)、カナダ4.9千㌧(同67.6%)、ニュージーランド3.0千㌧(同116.6%)、メキシコ0.9千㌧(同65.3%)
  • (独)農畜産業振興機構の需給予測によると、チルドは、国内需要が低迷する中、5月は現地相場の高騰等により、米国産の減少が見込まれる一方、前年同月の豪州産輸入量が少なかった事から前年同月を上回ると見込んでいる。
    6月は、米国産の減少が見込まれる事から前年同月を下回ると見込んでいる。フローズンは米国産の減少が見込まれる事から5月、6月ともに下回ると見込んでいる。3か月平均でも、チルド、フローズンともに下回ると見込んでいる。
    令和6年 5月 合計:45.1千㌧(前年比97.1%)、チルド:16.8千㌧(同104.4%)、フローズン:28.3千㌧(同93.4%)
    令和6年 6月 合計:42.8千㌧(前年比98.0%)、チルド:15.9千㌧(同96.4%)、フローズン:26.9千㌧(同99.2%)
    直近3か月(4月~6月)平均 合計:50.3千㌧(前年比95.4%)、チルド:16.8千㌧(同93.9%)、フローズン:33.5千㌧(同96.4%)

需要

1.家計消費

  • 総務省発表の4月度家計調査報告によると、全国二人以上の1世帯当たり牛肉購入量は450g(前年比92.8%)、支出金額が1,602円(同91.1%)となり、購入量、支出金額ともに前年を下回った。(※2019年度同月比:購入量 78.9%、金額 93.2%)

2.小売動向

4月概況

  • 日本スーパーマーケット協会など食品関連スーパー3団体の4月の販売統計速報によると、畜産部門の売上高は1,182.9億円(前年比98.9%、既存店ベース97.8%)と前年を下回った。
    前年に比べ週末が少なく、降水量も多かった影響に加え、牛肉・豚肉の相場が高止まりし、価格が安定している鶏肉への需要シフトが顕著となり、単価が下落し不調となった。円安の影響で輸入牛・豚の価格が高騰し、国産肉の動きが堅調となった。
    牛肉は、ステーキや焼肉焼商材等も不調。豚肉は、小間切れやひき肉など値ごろな商材以外の動きは鈍かった。鶏肉は、相場が安定しており好調に推移。加工肉は値上げの影響で不振とする店舗が多い。
  • 日本チェーンストア協会が公表した4月販売概況によると、畜産品の売上は819.9億円(店舗調整後で前年比99.9%)となり、前年並みとなった。
    鶏肉の動きは良かったが、牛肉、豚肉の動きは鈍かった。鶏卵、ハム・ソーセージの動きは鈍かった。

3.外食

4月概況

  • 日本フードサービス協会がまとめた外食産業市場調査4月度結果報告によると、桜の開花が遅れたことで花見需要が昨年より増え、春の歓送迎会の後押しもあり、全体売上は前年比106.0%、2019年比では115.1%となった。各地で国内外からの観光客の消費は活発であったが、物価高騰が続き、低価格重視の消費志向が高まる傾向にあり、売上は伸びたが利益が伴っていない。
    業態別;①ファーストフード 前年比105.4%、2019年度比128.6% 販促キャンペーンやお得メニューの充実、高付加価値メニューで夕食需要が高まり、好調となった。
    ②ファミリーレストラン 前年比107.0%、2019年度比106.1% 客単価の増加や歓送迎会や花見需要があり好調だったが、焼肉店は、昨年より休日数が減少し来客数は減少した。
    ③ディナーレストラン 前年比103.5%、2019年度比 95.8% 花見需要のずれ込みで、訪日外国人客をはじめとした来客数と客単価が増加し、好調となった。
    ④居酒屋 前年比105.0%、2019年度比 64.4% 週末の天候不順が多少影響したが、人流の回復傾向や年度初めの歓送迎会の需要があり、好調となった。

4.輸出

  • 4月の輸出実績は779.0㌧(前年比105.5%)と前年を上回った。台湾向け(210.4㌧、前年比132.5%)、米国向け(102.5㌧、前年比108.9%)は前年を上回ったが、香港向け(119.7㌧、前年比99.8%)は前年並みとなった。また、カンボジア向け(95.2㌧、前年比91.8%)は前年を下回り、不安定な状況が続いている。

在庫

1.在庫

  • (独)農畜産業振興機構の需給予測によると、4月末の推定期末在庫量は136.0千㌧(前年比84.9%、前月比109.4%)と前年を下回った。
    内訳は、輸入品;124.2千㌧(前年比84.0%、前月比111.7%)、国産品;11.8千㌧(同95.7%、同90.1%)となり、輸入品は前年実績を下回った。
    なお、今後の期末在庫の推移は、5月末;140.9千㌧(同87.7%)、6月末;140.6千㌧(同87.7%)と、5月、6月ともに前年を下回ると見込まれている。

枝肉相場

1. R6年5月速報値

  • 5月の東京市場枝肉卸売価格(速報値;5月31日時点)は、和牛去勢A5が2,468円(前年比96.4%)、A4が2,122円(同94.9%)、交雑去勢B3が1,581円(同105.0%)、乳牛去勢B2が991円(同105.1%)であった。
  • 5月は、GW需要の反動により需給が緩み和牛は前年・前月ともに下回った。交雑牛は和牛代替需要が継続しているものの、和牛と同様にGWの反動により需給が緩み前年を上回ったが、前月は下回った。乳牛去勢牛は、輸入牛肉の高騰等による代替需要に加え、「母の日」やホテル向け需要等から需給が引き締まり前年・前月を上回った。

2. R6年6月予測

  • 6月は、祝日がなく「父の日」以降はイベントに乏しいことに加え、梅雨入りにより消費が減退する季節となることから、和牛・交雑牛ともに弱含みで推移するものと見込まれる。
    一方、乳牛去勢牛は、輸入牛肉の高騰や輸入量の減少等から代替需要は底堅いものの、和牛・交雑牛同様に消費が減退する季節となることから弱含みでの推移を見込む。
枝肉相場予想:東京市場【税込】
4月実績 5月速報値 6月予測 7月予測
和牛去勢「A-5」 2,494円
(95.3%)
2,468円
(96.4%)
2,450円
(95.6%)
2,400円
(95.4%)
和牛去勢「A-4」 2,166円
(93.0%)
2,122円
(94.9%)
2,100円
(96.5%)
2,100円
(98.4%)
交雑去勢「B-3」 1,605円
(106.4%)
1,581円
(105%)
1,550円
(106.7%)
1,550円
(101.3%)
乳牛去勢「B-2」 926円
(85.8%)
 991円
(105.1%)
950円
(104.1%)
950円
(104.9%)

部分肉相場

1. R6年6月予測

首都圏仲間価格【税抜】
和牛:4等級 ホルス:2等級 交雑牛:3等級
和牛カタセット(スネなし):3,000円 ホルスカタセット(同):  1,850円 交雑牛カタセット(同):  2,300円
和牛ロースセット(ヒレなし): 5,800円 ホルスロースセット(同): 3,500円 交雑牛ロースセット(同): 4,800円
和牛モモセット(スネなし):3,500円 ホルスモモセット(同):  1,800円 交雑牛モモセット(同):  2,300円
和牛トモバラ:       2,000円 ホルストモバラ:      1,250円 交雑牛トモバラ:      1,500円

備考

国内生産量の推移(単位:千頭・%)
暦年 和牛計 交雑牛計 乳牛去勢計 成牛計
頭数 前年比 頭数 前年比 頭数 前年比 頭数 前年比
R 2年 477.2 104.2 227.8 96.2 161.6 96.2 1,047.1 100.8
R 3年 483.1 101.2 228.9 100.5 154.5 95.6 1,054.6 100.7
R 4年 490.2 101.5 248.6 108.6 140.8 91.4 1,083.1 103.0
R 5年 506.7 103.5 262.1 105.5 131.5 93.5 1,098.7 101.7
R 6年 1月 39.3 109.1 20.0 99.8 10.2 97.4 85.2 101.7
R 6年 2月 38.9 108.0 19.8 100.8 10.4 96.8 83.9 101.3
R 6年 3月 41.7 102.8 21.0 96.0 10.8 96.4 89.6 96.6
R 6年 4月 46.6 107.6 22.3 94.4 11.3 100.4 96.5 103.6

※成牛計は、乳牛雌やその他品種も含まれるため数字が一致しない

輸入量の推移(単位:千トン,%)
暦年 輸入数量合計 チルド数量 フローズン数量
数量 前年比 数量 前年比 数量 前年比
R 2年 600 97.6 262 95.1 339 99.5
R 3年 585 97.4 264 100.9 321 94.7
R 4年 560 95.4 217 83.0 343 104.3
R 5年 504 90.9 199 92.6 305 91.3
R 6年 1月 43.3 108.4 17.0 105.5 26.3 110.3
R 6年 2月 31.0 81.6 12.5 94.0 18.5 75.0
R 6年 3月 38.4 104.3 18.2 102.3 20.2 106.2
R 6年 4月 63.2 93.1 18.2 86.2 45.0 96.2

*財務省:通関実績

総務省:家計消費量(グラム,円,% )
暦年 全国1世帯当り
数量 前年比 金額 前年比
R 2年 7,199 109.8 23,677 111.8
R 3年 6,748 93.7 23,210 98.0
R 4年 6,232 92.4 22,355 96.3
R 5年 5,867 94.7 21,451 95.9
R 6年 1月 452 92.1 1,752 98.3
R 6年 2月 413 93.4 1,522 97.9
R 6年 3月 467 100.2 1,704 106.8
R 6年 4月 450 92.8 1,602 91.1
輸出量の推移(単位:トン、%)
暦年 チルド数量 フローズン数量 合計 前年比
R 2年 2,341 2,503 4,845 111.6
R 3年 3,490 4,388 7,879 162.6
R 4年 3,737 3,717 7,454 94.6
R 5年 4,222 4,199 8,421 113.0
R 6年 1月 289.5 313.3 602.8 139.8
R 6年 2月 368.7 325.8 694.5 108.3
R 6年 3月 437.9 333.3 771.2 100.8
R 6年 4月 442.0 337.0 779.0 105.5

市況の推移 : 東京市場(税込み、単位:円 /㎏、%)
暦年 和牛去勢 A-5 和牛去勢 A-4 交雑牛去勢 B-3 乳牛去勢 B-2
価格 前年比 価格 前年比 価格 前年比 価格 前年比
R 2年 2,459 90.0 2,103 87.3 1,398 85.9 924 91.0
R 3年 2,702 109.9 2,427 115.4 1,554 111.1 1,004 108.6
R 4年 2,607 96.8 2,348 96.9 1,523 98.1 1,042 102.4
R 5年 2,558 98.1 2,202 93.8 1,474 96.8 878 84.3
R 6年 1月 2,595 101.6 2,315 101.0 1,515 103.2 866 93.9
R 6年 2月 2,578 102.7 2,255 103.0 1,545 112.8 845 92.6
R 6年 3月 2,530 98.1 2,179 96.6 1,546 107.3 877 94.4
R 6年 4月 2,494 95.3 2,166 93.0 1,605 106.4 926 85.8
R 6年 5月速報値 2,468 96.4 2,122 94.9 1,581 105.0 991 105.1

農水省食肉流通統計(速報値は農畜産業振興機構が公表する東京市場の平均枝肉価格)