JA全農ミートフーズ株式会社

相場

2018年6月
牛肉

  1. ホーム
  2. 相場
  3. 情勢
  4. 牛肉

供給

1.国産

  • 平成30年4月成牛と畜頭数は、90.0千頭(前年比101.5%)と前年をわずかに上回った。
    内訳を見ると、和牛39.8千頭(前年比 104.1%)、交雑牛21.7千頭(同 103.8%)、乳牛去勢15.1千頭(同 94.8%)であった。
  • 平成30年5月の成牛と畜頭数は、速報値(5/31まで集計)で81.2千頭(前年比101.2%)と微増となった。
  • (独)農畜産業振興機構が5月25日に公表した牛肉の需給予測によると、6月は各品種ともに出荷頭数の減少が見込まれることから、生産量は前年同月をやや下回ると予測する。
    3ヶ月平均(4~6月)では、出荷頭数、生産量はともに前年同期をわずかに下回ると予測している。

2.輸入

  • 平成30年4月の輸入通関実績によると牛肉輸入量は全体で62.1千㌧(前年比120.8%、前月比138.8%)であった。
    内訳は、チルドが25.1千㌧(前年比110.0%、前月比112.4%)、フローズンは37.0千㌧(同129.4%、同 165.1%)であった。
    チルドは大型連休の需要期に向けて、米国が11.9千㌧(前年比102.9%)、豪州が12.1㌧(同 115.1%)とともに増加となった。
    フローズンは豪州が17.5千㌧(前年比103.1%、前月比105.8%)、米国が15.4千㌧(同163.1%、同462.9%)、カナダが2.8千㌧(同492.2%、184.6%)となり、SGが4月から解除された影響で、米国からの輸入が急増した。 
  • (独)農畜産業振興機構が5月25日に公表した牛肉の需給予測によると、今後のチルドビーフ輸入量について、5月は主に豪州産の輸入量増加が見込まれることから前年同月を上回るものの、6月は米国産の輸入量の減少が見込まれることから前年同月をやや下回るとしている。
    4月から6月までの3ヶ月平均では、前年同期をわずかに上回ると予測している。

需要

1.家計消費

  • 総務省発表の平成30年3月度家計調査報告によると、全国二人以上の1世帯当たり牛肉購入量は548g(前年比106.6%)、支出金額が1,726円(同 104.6%)と購入量、金額ともに前年を上回った。

2.小売動向

4月概況

  • 日本スーパーマーケット協会など食品関連スーパー3団体の4月の販売統計速報によると、既存店ベースでの畜産部門の売上高は1,005億円(前年比0.4%増)となった。 気温の上昇により、牛肉ではステーキや焼肉用が好調となった。
    豚肉は生姜焼き用、サラダチキンが好調となったものの、単価が下落しており伸び悩んだ。全般的に安価な輸入牛・豚の動きが総じてよく、国産牛・豚については好不調まちまちとなった。鶏肉や加工肉は不調とする店舗が多い。
  • 日本チェーンストア協会が公表した4月販売概況によると、畜産品の売上は801億円(店舗調整後で前年比0.4%減)であった。
    畜産品の動きは、牛肉、豚肉、鶏肉はまずまずの動きだったが、ハム・ソーセージ、鶏卵の動きは鈍かったとしている。

3.外食

4月概況

  • 日本フードサービス協会がまとめた外食産業市場調査4月度結果報告によると、4月は花見需要のピークが3月に早まったことで、持ち帰り米飯/回転寿司、ファミリーレストラン、居酒屋などに集客の影響が見られたが、最近の価格改定の傾向や高単価商品の好調などにより客単価上昇が続いており、全体売上は同比101.8%と20ヶ月連続して前年を上回った。
    ファミリーレストラン業態全体の売り上げは1.7%増となり、焼肉レストランは根強いブームに加え、メディア露出による集客効果などで売り上げは好調を維持、105.7%と17ヶ月連続して前年を上回った。

在庫

1.在庫

  • (独)農畜産業振興機構公表の平成30年3月末の推定期末在庫量は、97.6千㌧(前年比94.9%、前月比93.8%)となった。
    内訳は、輸入品在庫が88.1千㌧(前年比95.7%、前月比93.6%)、国産品在庫が9.5千㌧(同 88.2%、同 96.0%)であった。
    同機構によれば、国産品と輸入品を合わせた期末在庫は、4月が98.5千㌧(前年比 95.8%)、5月が104.2千㌧(同 98.9%)、5月が107.7千㌧(同 99.4%)と予測している。

枝肉相場

1. H30年5月速報値

  • 平成30年5月の東京市場枝肉卸売価格(速報値5/31時点)は、和牛去勢A5が2,773円(前年比98.5%)、和牛去勢A4が2,430円(同 99.2%)、和牛去勢A3が2,141円(同 98.1%)、交雑牛B3が1,504円(同 102.2%)であった。

2. H30年6月予測

  • (独)農畜産業振興機構が5月25日に公表した6月の国内出荷予測頭数を品種別にみると、和牛が33.7千頭(前年比99.0%)、交雑牛が18.6千頭(同 97.3%)、乳用種が26.9千頭(同 95.8%)であり、全体では80.4千頭(同 97.4%)と見込んでいる。
  • 5月は10日を過ぎた頃から、相場はやや軟化している。 6月は不需要期でもあることから、やや弱含みでの推移が見込まれる。7月については、中旬以降における盆休み向け需要の盛り上がりによる相場上昇に期待したい。
枝肉相場予想:東京市場【税込】
4月実績 5月速報値 6月予測 7月予測
和牛去勢「A-4」 2,466円
(97.0%)
2,430円
(99.2%)
2,350円
2,350円
和牛去勢「A-3」 2,164円
(96.2%)
2,141円
(98.1%)
2,100円
2,100円
交雑去勢「B-3」 1,485円
(93.3%)
1,504円
(102.2%)
1,480円
1,480円
乳牛去勢「B-2」 1,047円
(102.4%)
1,018円
(103.2%)
1,000円
1,000円

部分肉相場

1. H30年6月予測

首都圏仲間価格【税抜】
和牛:4等級 ホルス:2等級 交雑牛:3等級)
和牛カタセット(スネなし):
3,400円
ホルスカタセット(同):
1,800円 
交雑牛カタセット(同):
2,300円
和牛ロースセット(ヒレなし):
6,700円
ホルスロースセット(同):
3,300円
交雑牛ロースセット(同):
5,000円
和牛モモセット(スネなし):
3,800円
ホルスモモセット(同):
1,650円
交雑牛モモセット(同):
2,500円
和牛トモバラ:2,300円 ホルストモバラ:1,200円 交雑牛トモバラ:1,400円
国内生産量の推移(単位:千頭)
暦年 和牛計 交雑牛計 乳牛去勢計 成牛計
頭数 前年比 頭数 前年比 頭数 前年比 頭数 前年比
H26年 507.2 95.6 235.8 101.4 217.6 98.6 1,149.8 97.6
H27年 482.7 95.2 221.8 94.1 206.9 95.1 1,101.3 95.8
H28年 442.7 91.7 223.5 100.8 198.3 95.8 1,043.0 94.7
H29年 439.8 99.3 239.6 107.2 191.3 96.5 1,040.3 99.7
H30年  1月 32.0 102.2 18.9 104.8 14.5 97.9 79.7 102.3
H30年 2月 31.5 100.5 18.7 106.7 14.3 94.1 77.6 100.4
H30年 3月 34.6 104.6 19.9 107.6 14.7 91.0 83.7 101.4
H30年 4月 39.8 104.1 21.7 103.8 15.1 94.8 90.0 101.5
輸入量の推移(単位:千トン,%)
暦年 輸入数量合計 チルド数量 フローズン数量
数量 前年比 数量 前年比 数量 前年比
H26年 519 97.2 219 103.3 299 92.9
H27年 494 95.2 205 93.6 289 96.7
H28年 503 101.9 229 111.9 274 94.7
H29年 573 113.9 266 116.0 307 112.0
H30年 1月 35.6 102.6 18.5 106.2 17.1 99.0
H30年 2月 37.2 91.6 19.9 117.8 17.3 72.9
H30年 3月 44.8 102.8 22.4 101.3 44.2 104.4
H30年 4月 62.1 120.8 25.1 110.0 37.0 129.4

*財務省通関実績

総務省:家計消費量(グラム,円,% )
暦年 全国1世帯当り
数量 前年比 金額 前年比
H26年 6,584 95.7 21,176 108.1
H27年 6,232 94.6 21,234 100.3
H28年 6,439 103.3 21,898 103.1
H29年 6,558 101.8 21,958 100.3
H30年 2月 485 103.0 1,584 108.6
H30年 3月 548 106.6 1,726 104.6
輸出量の推移(単位:トン、%)
暦年 数量 前年比
H26年 633.3 152.7
H27年 873.2 137.9
H28年 1,005.5 115.1
H29年 1,336.2 132.9
H30年 2月 167.8 200.5
H30年 3月 164.4 155.7
H30年 4月 157.5 146.7

※輸出数量は冷蔵品のみ

市況の推移 : 東京市場(税込み、単位:円 /㎏、%)
暦年 和牛去勢 A-4 和牛去勢 A-3 交雑牛去勢 B-3 乳牛去勢 B-2
価格 前年比 価格 前年比 価格 前年比 価格 前年比
H25年 1,872 113.9 1,716 118.5 1,231 116.0 761 139.4
H26年 1,929 103.0 1,759 102.5 1,277 103.7 823 108.1
H27年 2,354 122.0 2,219 126.2 1,636 128.1 1,075 130.6
H28年 2,617 111.2 2,446 110.2 1,680 102.7 1,015 94.4
H29年 2,472 94.5 2,183 89.2 1,496 89.0 993 97.8
H30年 1月 2,373 92.3 2,090 88.4 1,407 85.0 989 100.0
H30年 2月 2,403 97.4 2,107 95.0 1,401 92.5 1,001 102.4
H30年 3月 2,420 98.3 2,121 97.3 1,420 90.6 1,002 106.0
H30年 4月 2,466 97.0 2,164 96.2 1,485 93.3 1,047 102.4
H30年 5月速報値 2,430 99.2 2,141 98.1 1,504 102.2 1,018 103.2

農水省食肉流通統計(速報値は東京市場、生体価格の単純平均値)